防犯 電車通学

新年度を迎える前に揃えたい電車通学時の防犯グッズ

電車通学をするお子さんも増えていますが、通勤・通学ラッシュの時間帯の乗車になるので怪我をしたりトラブルに巻き込まれないか心配になるものです。少しでも安心して乗車ができるように、電車通学の時に使える防犯グッズを揃えて、親子で安心して通学ができるように準備をしていきましょう。従来のブザーだけでなく、通学をスマートにできるようなスマートフォンアプリでセキュリティサービスを防犯会社と連携をしたりすることもできるようになっています。サービスやグッズによって値段や使い方も変わってきます。年齢によってはきちんと使い方を説明してあげないといざという時に使えずに困ってしまう事がありますので、購入したら親子で一緒に説明書を読んで練習をしておきましょう。

定番対策は必ずしておきましょう

お子さんの安全のために電車通学でもしておきたい定番の防犯グッズはやはりブザーです。小学校の低学年だと体も小さく声も出にくいですし、混んでいる時間帯で身動きも取りにくいですが、メーカーも豊富でサイズもいろいろありますから、成長の度合いに合わせて買い替えていくということもできます。ランドセルや通学カバンに着けたり、衣服にも手軽に着けられますから、しっかりと着けておきましょう。他の人に助けを求めたりするために使う事が多いですから、邪魔にならない範囲でなるべく大きく、ブザー音も大きく鳴るもので100db以上の数値になるものを選ぶようにしてみて下さい。音を止めにくく、雨が降っても使えるような防水タイプかどうかもチェックして、いつでも使えるものを選ぶと安心です。

位置が分かるようにしておきましょう

お子さんの通学時に電車に乗ったり、学校までの道のりをきちんと移動しているかどうか、親側としては気になるものです。ブザーでもGPS機能がついているものも増えていますし、キッズケータイやキッズスマホでGPS機能を付けたりもできるので、親側で位置が確認できるとそれだけでも安心感が高まります。交通系ICカードを使う時に、改札口にタッチした時に改札の通過をメールで教えてくれたりするようなサービスもあるので、電車通学にICカードを使っているのであれば併用しておきましょう。改札を通り過ぎる時間が分かれば、送迎の時間も予想できるので忙しいお母さんやお父さんも時間を無駄にすることなくお子さんのいる場所に到着できます。上手くサービスを組み合わせながら、セキュリティを高めましょう。